ラミクタールはどんなお薬?

ラミクタールというのは、てんかん発作を予防したり、躁うつ病を治療したりするために用いられる医薬品です。
てんかんは、脳の神経から過剰に電気信号が発せられてしまい、機能がうまくはたらかなくなる病気です。手足が突然こわばり、口から泡を吹くような、大発作とよばれるてんかん発作が特徴的な症状として挙げられますが、こうしたてんかん発作自体にも、実は脳の一部からはじまるような部分発作と、脳のすべてが巻き込まれてしまい、完全に意識がなくなってしまうような全体発作まで、いろいろな段階があります。ラミクタールは、こうした脳神経の興奮を抑制する作用があるため、服用することによっててんかん発作の予防に役立てることができ、部分発作全般と、全体発作の一部について有効です。
また、このラミクタールのもうひとつの適応症である双極性障害は、これまで躁うつ病とよばれていたもので、躁状態のときには気分が高揚して行動がエスカレートしてしまうことがある反面、うつ状態になると、気分が落ち込んでやる気がなくなってしまうという、2つの対極的な状態をくり返してしまう心の病気です。これも実は脳のなかにあるドーパミンなどの情報伝達物質の乱れが関係しているとされており、ラミクタールの服用によって、躁やうつの再発・再燃を防ぐことができます。
いっぽう、このラミクタールによる死亡例を含めた副作用についても報告されていますので、服用には細心の注意が必要となります。38度以上の発熱や発疹、口内のただれ、リンパ節の腫れなどの皮膚症状を中心とした副作用が現れた場合は、ただちに医師に相談してください。特に、副作用のなかの死亡例については、いずれも過剰な用量を服用したケースですので、定められた用法・用量を守ることは徹底する必要があります。

■てんかんや躁うつ病に効く成分
カルバマゼピンという成分はてんかんに効く
■てんかんに効く薬はこちら
カルバトールCRとは